東京の防犯カメラ、監視カメラのことなら「防犯カメラ本舗東京」へ!防犯設備士からのセキュリティ提案!

メールでのお問い合わせはこちら
0120917350お気軽にご連絡ください。
採用情報 会社概要
保守・メンテナンス

トップ > 目的から選ぶ > 暗い所でも鮮明に写したい

暗い所でも鮮明に写したい

不審者や、犯罪者が多いとされ、人気が少ないことから、ゴミの不法投棄や、泥棒などの犯行も起こりやすい深夜の時間帯。
外灯の無い道路や、閉店後の店舗内など、灯りのない場所を写したいというシーンは多々あります。
こんな時に、しっかり証拠を残しておけたら・・。
というご要望にお応えできるカメラ、取り揃えております。

超高感度カメラ

超高感度カメラとは、灯りのないシーンであっても
街灯や、月・星のほんの少しの灯りを拾い集めて明るさを増感させる機能が搭載されたカメラのことを指します。
他にも、ナイトビジョンや、スターライトなどと呼び方は様々です。
何より、重宝される理由は、灯りのないシーンもカラ―で写しだす高性能技術にあります。
下記の写真は同じ日時の事務所を写しだした二つのカメラ映像です。

夜間比較映像1
夜間比較映像2

撮影現場・環境・日時は全くの同一条件でありながら、写しだす映像の格差は歴然です。

超高感度カメラのメリット

光の調整が上手い!白飛び、映像乱れなし!!

実際には真っ暗で、すこしの街灯や車のライトがあるだけの高速道路。 車の通りもまばらです。
通常であれば車のライトで映像が白飛びしてしまったり、真っ暗で乱れた映像になるのですが、問題なく鮮明に映像も滑らかに映し出します。

情報量が多い!!

深夜に犯罪者が逃亡していた車が防犯カメラに写っていたとき、その特徴や、車体の色まで確認出来たらいいと思いませんか?
車だけに限らず、着ている服の色なども分かり、非常に頼りがいのある性能ですよね。
とにかく、深夜の情報を集めにくい環境下であっても、超高感度カメラであれば、情報量が多いので役に立ちます。

光を出さないので、夜間虫が寄りつかない!!

虫は基本的に光のある部分に集まる習性があるようです。
夜間の街灯のたりには光に向かって飛んでいる蛾などの虫を良く目にします。

超高感度カメラは、カメラ自体から光を発生させずに、撮影することが可能ですので、少なくとも光に群がる虫が来ることはありません。
設置したい環境によって、虫が寄ってきそうな場所である場合は超高感度カメラの選択を必須とする場合もございます。

超高感度カメラリスト

IPS-HCBX1564
IPS-NBR5200-BR1
IPS-NBX1564
IPS-NDM5281-DM4

赤外線照射機能搭載カメラ(IRカメラ)

IRimage

完全な暗闇も写しだす

夜間、近くに灯りがなく真っ暗な環境下の防犯がしたい場合
カメラが自発的に赤外線を飛ばし現場を映し出してくれる機能があります。
赤外線の照射距離はそれぞれなので、比較的近いところから、広範囲までを
白黒映像にて、しっかり映しだすことができます。

赤外線照射時の映像

白黒ではありますが、全く灯りのない真っ暗な環境下でも、カメラ自体が特殊な光を
飛ばし、その場のシーンをしっかり撮影します。

IRなし
IRあり

画素数の良いカメラで撮影したため、白黒であることを除けば問題なく監視出来ます。
赤外線の照射距離も様々あり、ご要望に沿った環境に合う機器の選定をさせて頂きます。

赤外線カメラリスト

IPS-HCBR5220-BR1
IPS-HCGN5100-GN2
IPS-HCDM5220-DM2
IPS-AHGN1541
     

    問い合わせ